最近の記事

最近のトラックバック

読書案内

  • コナン・ドイル: 『失われた世界』(創元推理文庫)
    (★★★★★)
  • アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ/池澤 夏樹・新訳: 『星の王子さま』(集英社文庫)
    (★★★★★)
  • 藤田 日出男: 『隠された証言―日航123便墜落事故―』(新潮文庫)
    (★★★★)
  • 歌野 晶午: 『ハッピーエンドにさよならを』(角川書店)
    (★★★★)
  • 大石 圭: 『1303号室』(河出書房新社)
    『出生率0』『呪怨』など、「人間」という不可解な生き物の本質をさまざまな角度から抉り出すような個性的な作品を世に送り出している著者の、最新長編ホラー小説(映画化決定)。「最恐ホラー!!」と銘打つこの作品だが、読んでみた第一印象としては「怖い」というよりはむしろ「悲しい」物語といったところ。幼いころからだれからも、その存在すら認められずにい続けた一人の少女。その彼女の行き着く先は… この話のキーワードは「椅子取りゲーム」。人生の「椅子」を奪われた者の悲惨な末路を異様な臭覚に訴えて描く著者の独特なリピート表現に、あなたはきっと、心も体も丸ごと翻弄されるに違いない。それにしても隣の部屋、1302号室のあの、謎の少女の「その後」が気になり…(by K.U.) (★★★★)

バックナンバー

カテゴリー

2023年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

  • マイ・ベスト・ミュージック
    http://youtu.be/r2mgcKlSQYs
  •    
無料ブログはココログ